2012年12月19日水曜日

NAVERまとめ:1月からの制度改変はキュレーターにどんな影響を及ぼしたのか

akiueoさんのまとめ - NAVERまとめ
@akiueoです。正直最近ブログの更新がものっすごいスローペースでした。それはNAVERまとめにハマっていたから。

作ったまとめは130本を超え、収入も月2万円以上になり、人の役に立てて副業になるなんて最高!と思っていた矢先に…

スポンサードリンク

まとめは楽しかった…

初心者でも強くてニューゲーム状態で始められるPVの集めやすさ、手軽にまとめられる仕組み、注目まとめに選ばれる快感…そしてインセンティブという名の報奨金。

まとめを作るのが趣味になりかけていました。他のキュレーターさんのまとめ方を学んだり、タイトルを工夫したり…

いつしか、このブログの投稿よりも倍近く"まとめ"をつくり、明太子味さん(@coffermeister)の作成したキュレーター指数では一時期45位あたりにいました。

NAVERまとめキュレーター指数 - 明太子味の実験場


そんなNAVERまとめが、来年1月からインセンティブ制度を大きく改定すると発表しました。

まとめインセンティブ制度の変更について [2013/1/1~] - NAVERヘルプセンター

主な変更点は以下の通り
  1. 他のまとめ記事(自作/他作問わず)からのアクセスの評価を低減
  2. まとめトピックページからのアクセスの評価を低減
  3. 外部SNSサービスからのアクセスの評価を増大
  4. 閲覧者のページ滞在時間を評価軸に追加(極端に滞在時間の短いアクセスや、長いアクセスの評価を低減)
  5. まとめ記事内の画像など「アイテムページ」へのアクセスの評価を低減
「よくないまとめも目立ってきた」――「NAVERまとめ」がインセンティブ制度を全面刷新 - ITmedia ニュース


制度変更の狙いとしては
「金稼ぎのための安易で低品質なまとめが増えすぎたため、小手先のテクニックでは儲からないようインセンティブプログラム自体を変更することで優良なまとめを増やしていく」という狙い
NAVERまとめインセンティブプログラム変更によりまとめ作成はどう変わるか? — 乱れなよ、そして召されなよ
今まではPVが伸びれば伸びるほど、ポイントも上がり、結果インセンティブも増えていました。

例えば、1万VIEWだと大体×0.2=2000ポイント。2000ポイント×0.2=インセンティブ400円といった感じ。奨励対象に選ばれれば、インセンティブは2倍~3.5倍になります。 ある意味、とにかくPVを稼げば、その分お金がもらえる制度でした。

とにかくPVをかせげばお金がもらえるということで、はっきり言ってキュレーションとは言えない低質なまとめや、不正なテクニックを使ったものなどが目に見えて増えていたのは確かです。

外部からの流入やページ滞在時間を評価するのは、質の高いまとめを増やすために良い変更なので賛成です。

…とは言いますが、不良ユーザーはキュレーター全体の10%以下だそうです。10%以下の人を排除するなら、他の方法があったのでは…

内部アクセスや、トピックページからのアクセスを評価しない点は常連キュレーターからも不満が出ています。

しかし、ほんとうの問題はもう一つの制度変更です。

「まとめ奨励金制度」も厳しく刷新

従来は月間ポイント数の推移に応じて「レギュラー」「ルーキー」という2つの評価枠を用意していたが、新制度ではこれらを「トピックピッカー」として1つに統合
3カ月連続で月間1万ポイントを獲得したユーザーをトピックピッカーに選び、翌3カ月のポイント当たりの換金レートを「1ポイント=0.5~1.0円」(通常0.2円)へと優遇する方式を採用
「よくないまとめも目立ってきた」――「NAVERまとめ」がインセンティブ制度を全面刷新 - ITmedia ニュース

上記ふたつの変更点だけ見ると、一見よくなった様な気がします。今までは0.4だった奨励金枠の最低レートが0.5に上がりました。

でも、問題は次…
トピックピッカーの期間は通常3カ月で終了する。次の3カ月もトピックピッカーとして選ばれるためには、期間中に2回、月間ポイント数の「自己ベスト」を更新する必要がある。

"期間中に2回「自己ベスト」を更新しなければ奨励期間が終了する"というのは、言い換えれば0.5円の奨励期間は3ヶ月間だけと言ってるようなものです。しかも奨励期間が終了した場合、二度と奨励対象とはなりません。

トップキュレーターの卍郎さんが運営側に問合せた結果、1ポイント0.5~1.0円の奨励対象は当月作成まとめのみということも判明しました。

「高レートが適用される対象は、適用月に作成されたまとめのポイントのみ」 現行制度で頑張っていた人たちは、沢山の蓄積があります。それを捨てろということか…。

今までは、ルーキーになりたい、レギュラーになりたいと思ってコツコツやってきたのに、積み上げていく楽しみが無くなってしまいました。

もちろん、インセンティブのために続けてきたわけではありませんが、工夫した記事が人気になり、その成果が毎日目に見えて増えていくのは何よりモチベーション向上になっていました。

そして、ルーキーやレギュラーになるという目標に向かってやってきたのに…。

まとめ
インセンティブにこだわるなら、もう長期でひとつのアカウントを持ち続けることにおおきな意味はなさそうです。

短期間のみ優遇されるトピックピッカーに依存する必要性はありません。
1月以降、ポイント還元率が上がるならば、外部からの流入がある"まとめ"はまだ意味があります。でも、それは1月まで分かりません。

この大規模な規約の改訂で、有力なまとまー(キュレーター)たちは離れていくかもしれません。Twitterで出会ったまとまーの方々は、面白い注目まとめを量産し、なによりNAVERまとめに愛着を持って取り組んでいたのに…。

制度の隙間を縫うやり方に変更する方も多いでしょう。質より量を重視し、当月の新規作成まとめのポイントを抑える方法を取れば、トピックピッカーに留まり続けるのは可能です。

毎月新規アカウントを作って、常に複数のアカウントを使い回し、奨励期間が終わったら捨てるという方法も考えられます。インセンティブにこだわろうとすればするほど、運営側の狙いとは真逆の結果になりかねませんけど、それってどうなんでしょう。

やはり、長期的に見ると"サービスに依存せず自分だけの個人メディア”を持ち、コツコツやっていくのが一番強いです。こんな改訂に振り回されることがないので。

自分なりの結論…レート0.2を前提に3.5倍頑張る!ブログでじぶんのまとめに関する記事を書き、ブログのアクセスアップ。

(トピックピッカーはなれたらラッキー、なれなくても気にせず、ロングヒッターを目指す方針でやっていきます)

参照リンク
「よくないまとめも目立ってきた」――「NAVERまとめ」がインセンティブ制度を全面刷新 - ITmedia ニュース

「NAVER まとめ」のインセンティブ制度が刷新--悪質記事には厳しく対処 - CNET Japan


釣り記事NG、NAVERまとめがインセンティブ制度刷新で「量から質へ」 -INTERNET Watch

NAVERまとめインセンティブプログラム変更によりまとめ作成はどう変わるか? — 乱れなよ、そして召されなよ


まとめインセンティブ制度の変更について [2013/1/1~] - NAVERヘルプセンター

奨励金制度の改変内容について [2013/1/1~] - NAVERヘルプセンター