2012年1月3日火曜日

銀杏の薄皮を簡単に剥く方法


お正月に銀杏食べましたか?


今更遅いよーってネタですが、来年のお正月用に書いておきます!
うちはお正月に茶碗蒸しを作るのですが、そこに銀杏を入れます。おせちにも入っていたりしますよね。みなさんは銀杏ってどんなときに食べるのかな?うちは1年に一回しか食べないので、いつも剥き方を忘れます。なので、簡単な剥き方を書いておきます。


まずは外側の硬い殻を割る
白い外側の殻はペンチとか挟んで割るのではなく、 堅い所に置いて硬い物で上から叩いて割る方が中の実が潰れにくいです。 まな板などでやりましょう。
ペンチと違って全体的に割れるので殻も取れやすくなります。
photo
次は内側の薄皮を取る
薄皮は普通に取ろうとするとかなり時間がかかってイライラします!
中の薄皮は、銀杏をひたひたのお湯で茹でながら、泡立て器やお玉を駆使してかき混ぜて取ります。うちは穴あきのお玉を使います。 完全には取れないので、むけた銀杏を取り出し、お湯をかえて又茹でながら、かき混ぜて取ります。 最後は、皮がフニャフニャになっているので指で擦って取れちゃいます!私は大量に剥いて、冷ましてから瓶に入れて冷凍しています。
photo